長岡市で会社設立代行を税理士に依頼できる?会社登記に強い代行事務所

長岡市会社設立を考えている人はご存知でしたか?

会社設立手続きの代行業務ができるのは、司法書士だけなのですよ。

しかし、長岡市内でも税理士、弁護士、もちろん司法書士など色々な士業の専門家達の事務所が、会社設立法人代行を行っています。

なかには、税理士事務所や弁護士事務所が会社設立代行の窓口となっていて、提携している司法書士へ依頼しているケースもあるようです。

そして、会社設立後に必要なサポートを継続して依頼するために、税理士事務所や弁護士事務所に依頼する企業家の人もいるのです。

会社の事業展開に伴う財務や税務に関して専門知識のある税理士事務所を、会社設立時からあえて選ぶ人もいるようです。

それでは、長岡市会社設立に、そして設立後にも心強い税理士にはどうような税理士事務所を探せばよいのでしょうか?

その方法について、ご紹介していきましょう。

長岡市で会社登記に強い税理士はこちら↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

長岡市で会社設立するには、それぞれの士業の専門分野がある

会社設立登記の代行を請け負う専門業者は、専用のソフトによって電子定款を作成し、完成したら電子定款認証を行っています。

通常は認可を受けるためには収入印紙代として40,000円がかかりますが、電子定款認証を行うとその印紙代40,000円がかからないので、この時点で40,000円を節約することができることになります。

そのため会社設立を自分で行うよりも、代行業者の方が安く代行業務を請け負うことができるというわけです。

しかし、この代行手続きは司法書士が専門分野となる仕事になります。

では、会社設立に関わるそれぞれの士業は、いったいどんな役割をしているのか紹介していきましょう。

司法書士の役割とは?

  • 会社設立に必要となる定款作成
  • 会社設立法人登記の書類作成や申請の代行業務

税理士の役割とは?

  • 会社設立時の資金調達などのアドバイス、また必要書類の作成
  • 税務関連書類の作成、届出書などの指導、代行
  • 節税に関するアドバイス
  • 決算業務における専門家としての指導
  • 税務調整の立会い
  • 会計業務指導
  • 経営コンサルタント

弁護士の役割とは?

  • 契約書などのリーガルチェック
  • 公的書類のリーガルチェック

このように、3つの士業の役割をまとめると以下のようになります。

  • 司法書士とは、会社定款の作成や申請の代行業務を行う
  • 税理士とは、資本金のなどの資本調達や会社の経理部門、税務のサポートを行なう。
  • 弁護士とは、書類のリーガルチェックを行い事前にトラブルを防ぐ

同じ会社に携わる士業でも、その専門分野によって役割は全く異なってきます。

長岡市で会社設立代行に強い税理士6つの特徴とは?

会社設立にまず必要となる定款をはじめ、必要書類は、税理士事務所でも作成することは可能なのです。

しかし、法人登記は税理士ではなく司法書士の仕事になるため、多くの税理士事務所が会社設立代行を請け負うため、司法書士と提携をしているのです。

または、会社設立代行を取り扱っている税理士事務所では、司法書士が在籍していて一緒に働いているケースも多いようです。

会社設立だけでなく、順調な会社運営ができる様にサポートをしてくれる

会社設立後には、税務署、自治体、労働基準監督局、ハローワーク、年金事務所になどの管轄公的機関に重要書類を数多く届出する必要があります。

そのため、各専門知識をもった士業の人達がそれぞれを専門的な観点から支援、サポートすることが重要なポイントになってくるのです。

税の専門家である税理士による税務全般でのサポート

確定申告を始め税務に関する書類作成や申告、必要であれば税務代行全般なども行い、会社のスムーズな税務処理をサポートします。

節税に関する適切なアドバイスをしてくれる

会社の節税はもちろんですが、企業家や社員などの住民税や相続税などに関する相談にも乗ってくれ、適切なアドバイスをしてくれることもあります。

助成金や補助金といった資金調達サポートをしてくれる

行政や自治体などが整備している運転資金や設備投資に活用できる助成金や補助金を、それぞれの事業に合わせて支給獲得ができるように適切にアドバイス、サポートをしてくれます。

また、専門家でないとわからないような必要な書類の作成や、どののような融資を受けることができるかなどの助言も行ってくれます。

会社が円滑に事業展開していくうえでとても大切なサポートと言えるでしょう。

会社設立後に必要に応じて弁護士を快く紹介してくれる

会社設立後に法務に関する問題が出てきた時には、経験も知識も豊富な法律の専門家であり信用できる弁護士のサポートが必要になってきます。

そのため、必要に応じて会社設立後に提携している信頼できる弁護士を快く紹介してくれる税理士であることも会社設立に強い証拠になります。

会社の経営状態を常にコンサルとしてくれる

税理士は、会社設立後の様々な届出を始め、会社の会計業務や財務状況ををチェックする事で、設立した会社の経営状況に対して適切にアドバイスすることができる専門家でもあります。

会社設立法人登記のお手伝い、または代行業務の相談や依頼を受けている税理士事務所は、司法書士と提携を結んでいたり、直接税理士事務所に雇っていたりしているので、司法書士に代行業務は任せながらも設立する会社の資金状況などを常にチェックしてくれることもあります。

 

会社設立は、あくまで会社を経営するスタートラインであり、会社を円滑に運営するには税理士のサポートは不可欠です。

会社設立と共に税理士顧問、また弁護士顧問を依頼するのが理想ですが、その顧問手数料などから考えると設立当初から顧問として契約するのはなかなか難しいでしょう。

だからこそ、会社設立代行業務を依頼して税理士とのパイプを作っておき、設立後はそのまま顧問税理士として継続契約をするというステップを踏む企業家が増えているのです。

長岡市で会社設立に強いと評判の税理士事務所の5つのポイントとは?

税理士としての専門分野を超えて会社が必要としているサポートができる税理士事務所

会社設立には司法書士が代行しますが、会社経営をしていく中で税や財務といったさまざまな問題をはじめ、届出、書類作成などのその会社がその時に必要としているサポートを的確にしてくれることが、まず大切なポイントです。

時には、税理士以外の専門分野での問題が起こった時には、その専門分野の士業の人とすぐ連携を取って解決できる機転の良さも需要なポイントとなってきます。

事業資金などのお金に関するアドバイスやサポートをしてくれる税理士事務所

会社を運営するために必要な資金や設備投資などに、行政や自治体の補助金や補助金を活用することができます。

このような資金調達に関する情報も、随時提供してくれる税理士事務所を選ぶと資金調達の方法が広がり、事業展開がよりスムーズにできるようになる可能性があります。

常に新しい情報を持っている税理士事務所を選びましょう。

事業展開のサポートをしてくれる税理士事務所

会社設立だけでなく、事業展開を続けていく中で必ず必要となってくる税理面、法務面などの問題解決や公的書類の作成なども、事業展開へ繋がるようにサポートをしてくれる税理士事務所を見つけ、顧問税理士として契約するのがおすすめです。

会社設立後もコンサルタントサポートをしてくれる税理士事務所

会社設立の時だけでなく、設立した会社が大きく事業展開をしていけるように、設立後もコンサルタント的なアドバイスをしてくれる税理士事務所を見つけましょう。

この設立後にその専門知識をベースにしっかりとコンサルトしてくれる税理士事務所が、本当の意味で会社設立に強い税理士と言えるのです。

弁護士と提携を結んでいる税理士事務所

税理士事務所の中には、弁護士と提携を結ぶことによって、 会社設立後に運営の大切な部分となる税務や法務の分野をしっかり支援できる体制を整えている税理士事務所もあります。

できれば、このように他の士業とも強力な連携体制を取っている税理士事務所に依頼するようにしましょう。

長岡市で会社登記に強い税理士はこちら↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

  • 長岡市 会社設立 行政書士
  • 長岡市 会社設立 弁護士
  • 長岡市 会社設立 即日