品川区で会社設立代行業者は行政書士?おすすめの代行業者とは?

品川区会社設立したい!でも流れがよく分からない・・・。知り合いに行政書士の人がいるけど、手続き代行を依頼すのはどの士業だろう?」

品川区会社設立するには、さまざまな専門的な手続きや書類作成が必要になってきます。自分でできる人はほとんどいないので、専門知識を持った士業の専門家に代行を依頼することが多いのです。

まず、会社を始めるために行なわなくてはいけないのが、会社法人登記です。その登記には定款を作成し、公証役場で認証を得てはじめて法務局へ提出できるといった決められた手続きルールがあるのです。

会社設立をするのは簡単なことではなく、各書類や各手続きには専門的な事が多く、また手続きや申請には定められている決まりを守らなりながら進めなくてはなりません。

もちろん、士業のひとつである行政書士の事務所でも、品川区会社設立する代行手続きを請け負う窓口として複雑な手続きのサポートを行なっています。

品川区での法人登記は行政書士よりもここが安い↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

品川区で会社設立代行を依頼できる士業とは?

インターネットで、「品川区、会社設立代行」を検索をすると、品川区に事務所を置いていたり、品川区での会社設立代行を請け負う代行事務所がたくさん出てきます。

会社設立登記代行ができると謳っている代行事務所は品川区にもたくさんありますが、正確には会社設立時に必要な定款の作成や代理登記などができるのは司法書士だけなのです。

しかし、インターネットでもよく見かけるように、税理士、弁護士、そして行政書士が、会社設立の手続きは代行で行なう方が費用を安くできると宣伝していますよね。

一体どのような仕組になっているのか、気になるところです。

会社設立手続きの中で行政書士の仕事とはどんなもの?

会社設立の手続きの中で行政書士が携わることができる仕事は、会社設立の定款をはじめ、登記申請に必要な様々な公的書類の作成でが主な仕事になります。

行政書士は定款作成に携わることはできますが、実際にその定款をもとに認可を取り、法務局に代理登記を行なうことができるのは司法書士だけが携われる仕事となるのです。

しかし、会社設立登記後でも会社を実際に運営、事業展開するには様々な重要書類を作成、提出、届出する必要が出てきますが、行政書士は会社経営に必要な重要書類を必要な時に作成することができるのです。

行政書士が作成する主な書類の数は、一般的に事業認可や払い戻し請求など多岐にわたり約1万種類以上もあると言われています。

会社設立代行を行政書士に依頼するメリットとは?

  • 司法書士と提携を結んでいる行政書士であればわざわざ法務局に出向く必要がない
  • 定款作成だけでも依頼が可能なので、その他の代行費用を節約することができる
  • 会社設立後に、税理士や弁護士と高額な顧問契約をする必要はなくなる

会社設立代行を行政書士に依頼するデメリットとは?

  • 司法書士と提携をしていない行政書士の場合は、法務局で自分で登記手続きする必要がある
  • 会社設立後、労務や法務、財務、税務などといった専門知識が必要なサポートはない
  • 専門分野以外の税務や法務に関する相談は不可能

このようにメリットとデメリットを比較してもはっきり分かるように、行政書士に会社設立代行を依頼すると必要な書類作成だけが代行してもらえるだけで、依頼分野、専門分野以外の相談やサポートを希望することはまず不可能でしょう。

最近は、行政書士事務所でも、司法書士をはじめ税理士や弁護士と提携を結ぶことによって、会社設立だけでなく設立後の総合的サポートをしてくれる事務所も増えてきています。

相談する時に、サポート体制について確認しておくと良いでしょう。

品川区で会社設立代行業者は一体どんな業者がおすすめ?

品川区で会社設立代行をお願いするのは一体どんな業者に依頼するのが良いのでしょうか?

実は、品川区に限りませんが、会社設立だけでなく会社を設立した後でも、さまざまな書類作成や申請、届出などが必要になってきます。

できれば、設立後もサポートしてくれる代行業者がおすすめです。

会社設立登記後に提出が必要になる届出とは?

会社設立時だけでもたくさんの重要書類の作成、提出が必要になってきますが、実は、会社設立登記後も事業展開するためには様々な書類作成や届け出が必要になってくるのです。

管轄の税務署への届け出

  • 法人設立届出書
  • 青色申告の承認申請書
  • 給与支払事務所等の開設届出書
  • 源泉所得税の納金の特例の承認に関する申請書
  • 棚卸資産の評価方法の届出書(但し、任意)
  • 減価償却資産の償却方法の届出書(但し、任意)

会社設立をした都道府県、市区町村などの自治体への届け出

  • 法人設立届(開業届出)

管轄の労働基準監督局への届け出

  • 労働保険 保健関係成立届出
  • 労働保険 概算保険科申告書

管轄のハローワーク(公共職業安定所)への届け出

  • 雇用保険適用事業所設置届
  • 雇用保険被保険者資格習得届

管轄の年金事務所への届け出

  • 健康保険厚生年金保健新規適用届
  • 健康保険厚生年金保険被保険者資格習得届
  • 健康保険被扶養(異動)届

会社法人登記手続き完了後には、上記の必要届出を速やかに各管轄事務所や自治体に提出しなくてはなりません。

これらの届出の中には、別に添付書類があり、そこ添付書類まで合わせるとかなりの書類数になります。これらを自分で作成、提出するのはほとんど不可能に近く、どうしても専門家の知識とスキルが必要になってきます。

つまり、設立手続きの代行だけを依頼すると、設立後のもっとも専門家の力が必要な時にサポートがない状態になってします。

設立後も専属や顧問といった形でサポートしてもらえる代行事務所を選びましょう。

また、展開する事業内容によっては別途認可を必要とする場合もあり、司法書士だけでなく、税理士、弁護士といった専門分野も変わって場合もあります。

すべての士業の人に相談でき、適切なアドバイスやサポートを設立の段階からしっかりと構築できていれば、設立後の各種手続きもスムーズに進めることができるでしょう。

品川区で会社設立手続き代行におすすめの代行事務所は?

品川区で会社設立手続きの代行をする事務所には、弁護士、税理士、司法書士、社会労務士、行政書士といった士業と呼ばれる専門家たちが提起していたり、一つの代行事務所に在籍するなどして会社設立を代行している事務所が多くあります。

このような代行事務所は、会社設立の手続きだけでなく、それぞれの専門分野において専門知識が豊富な士業の人がスタンバイしているので、資金面や運営面などの分野でも様々なアドバイスを的確に受ける事ができるメリットがあります。

これから事業を展開していく新しい企業家が様々な士業からの協力を得ながら、無事に会社を設立し順調に運営ができるように、万全なサポート体制を早い段階から構築できることは企業家にとってもメリットが大きく、また代行事務所にとっては設立後も顧問として継続契約できるといったメリットがあるのです。

品川区での法人登記は行政書士よりもここが安い↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

  • 品川区 会社設立 司法書士
  • 品川区 会社設立 弁護士
  • 品川区 会社設立 自分で
  • 品川区 会社設立 税理士